パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら

りんちゃんブログ

平屋のメリット、デメリット

 

こんにちは!(^^)!

お盆も終わり秋に近づいてきましたね。

今日は平屋の事について考えてみました!

 

平屋のメリット、デメリットは、、、

メリット

1.家族間のコミュニケーションが取りやすい

平屋は同じフロア内にすべての生活スペースが収まることになります。
そのため、家族で顔をあわせる機会が多くなり、コミュニケーションが取りやすくなるのがメリットです。

さらにコミュニケーションを取りやすくするには、リビングダイニングを広くしたり対面キッチンにしたりするのがおすすめですね!

 

2.2階建てより構造的に安定しやすい

地震大国である日本に住んでいる以上、住居の耐震対策は必須です。
耐震性を考える時に重要なのは建造物の重量です。
重量が重いほど地震が発生した時の揺れも大きくなります。

その点、2階建てと比べて平屋は重量が軽くなりますから、地震に強い住居であると言えるでしょう。

 

3.階段部分のスペースを有効活用

2階建て住宅の場合、一般的に階段やそのホールに必要なスペースは4畳から5畳分と言われています。
平屋は1階しかありませんので、階段を作る必要がありません。

4畳から5畳ほどのスペースがあれば、書斎にしたり寝室にしたりさまざまな使い道が考えられます。

 

4.メンテナンスしやすく費用も安くすむ

住宅というのは新築を購入したら終わり、というわけではありません。定期的なメンテナンスが必要です。

住宅を長持ちさせるためには、まず普段からこまめに掃除をすることが大切です。
コンパクトな平屋なら掃除をするのも2階建てほど大変ではありません。

また業者によるメンテナンスの場合、2階建てだと足場を組む必要がありそのぶん費用がかさみます。
その点から見ても平屋はメンテナンス費用を安くすることができるでしょう。

 

5.バリアフリーの平屋で安心の老後

若いときは平気でも、高齢者になると少しの段差が転倒やケガのもとになります。
もともと階段のない平屋をバリアフリー設計で建てれば、終の棲家として老後も安心して暮らせるでしょう。

デメリット

1.工事にかかる坪単価が高くなりやすい

坪単価とは、1坪あたりにかかった建築費のことです。
同じ床面積の平屋と2階建てで比較すると、基礎部分の面積は平屋の方が広くなります。
すなわち、基礎工事に必要な面積が2階建てよりも広くなるため、坪単価が上がってしまうのです。

屋根に関しても平屋のほうが大きくなるため、やはりその分だけ費用はかさみます。

 

2.部屋数を増やすには広い敷地が必要

4つの部屋がほしい場合、2階建てなら1階と2階にわけて部屋を作ることができます。
しかし、平屋の場合は同じフロアに部屋を作るため、その分だけ広い敷地が必要です。

土地が余っていて安い地域であるなら、ゆったりとした造りの平屋も可能ですが、

土地代の高い都心の場合は土地の購入も難しくなってくるでしょう。

 

3.プライベートの確保が難しい

平屋のメリットのひとつに、家族間でのコミュニケーションが取りやすいことです。
逆を言えば、お互いのプライベートを確保するのが難しいというデメリットにもつながります。

限られた面積でプライベート空間を確保するには、ロフトを作る、リビングをパーテーションで仕切るなどの工夫が必要です。

 

4.陽当りの確保が難しい

平屋建てで建築面積が広くなればなるほど、建物中心部は陽当りが悪くなってしまいがちです。
細長い形状の建物にして、どの部屋にも窓を設けられるなら良いですが、建物中心部が他の部屋に囲まれてしまう形状の場合、

採光と通風に配慮する必要性があります。

たとえば、中庭を設ける、あるいは天窓を配置するなどの工夫が有効な対策になりますが、割高になるデメリットがあります。

 

5.防犯のうえでは不安

1階フロアに大きな窓を構える平屋の場合、プライバシーの観点からはもちろん、防犯面でも注意が必要です。
窓を割るのに手間のかかる二重ガラスにする、防犯フィルムを貼る、センサーライトを設置するなどが効果的ですね。

 

家づくり不安などございましたらお気軽にご連絡ください(^^♪

お問い合わせ

 

デザインハウスいわき by 有限会社クニオ建築事務所
〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間八反田21-2

TEL:0246-36-4963 / FAX:0246-36-6947

http://www.dh-iwaki.com

ライン
インスタグラム